パネライのクロノグラフはどうだ?

パネライの加熱しすぎたブームは過ぎ、逆に欲しい人にとってみれば購入しやすい相場になっています。なにしろ47mm定番中の定番のPAM00372が定価の約半値(50万円台)で購入可能なのです。

最近気になっているのはパネライのクロノグラフモデル。ダイバーズウォッチというパネライの本来のコンセプトからは外れますが、無骨なケースとクロノグラフの組み合わせは、結構イケてると思います。今回は2本をピックアップ。

まずは今年の新作モデルから

▶PAM000716(マーレノストゥルム アッチャイオ 42mm)

スクリーンショット 2017-07-27 19.06.32.png

1993年に発売されたRef.5218-301/Aの復刻版です。

Ref.5218-301/Aはパネライが海軍将校向けに開発したクロノグラフを1993年に再現したモデルで、いわゆる“プレヴァンドーム”。現在もプレミア価格で取引されていますね。それが1000本限定で忠実に復活するわけですから、人気でそうです。パネライらしくないデザインですが、他ブランドとも異なるデザインで独特の雰囲気がありそうです。

▶PAM00108

734783.png.adapt.1333.2000.png

パネライ×エル・プリメロ×AMGという現在では考えられない(現在、エル・プリメロのゼニスはLVMH、パネライはリシュモン、AMGはIWCとコラボ)組み合わせのクロノグラフ。2002年の限定55本(!)の希少モデル。

サイズも40mmでブレス仕様と丁度良いサイズ。赤い針がアクセントとなっていますが、フェラーリモデルと違い、AMGとのコラボとは一見わかりませんね。細かく見れば、12以外のインデックスのフォントはAMGのメーターと同じと思われます。AMG、エル・プリメロという希少性を除いても、時計としてかなり好みなデザイン。

ただ、希少モデルということもあり、実売価格は中古で160万円程度と高価。それでもブームの2008年頃には300万円以上で取引されていたようですから、これ以上価格が下ることはない?のでしょうか。いずれにしても数が少ないので、買える時が買い時なのかもしれません。

▶今までのパネライの実機レビューはコチラ

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

 

【オメガ】シーマスター プラネットオーシャン39.5mmはバランスの良い一本だと思う。

ロレックスは“最強の実用時計”などと呼ばれますが、高価格化、それに伴って高級感も上がって重量も増加。特に6桁モデルでは高級化路線が顕著で、実用とは離れていっていると思う部分もあります。

夏にガンガン使える1本(ロイヤルオーク、ノーチラスは気を遣う)を求めて色々と物色しているのですが、最近気になるのがオメガなんですね。一般的なネームバリューは申し分ないですし、(定価は高いですが並行)価格はかなり良心的。

そのオメガが放つ渾身のダイバーズウォッチの一つが、シーマスターの“プラネットオーシャン”です。2005年に登場したこのモデルは、2016年にモデルチェンジされています。外観の大きな変更は“ケースサイズ”。これまでも37.5mm,42mm,46mmとバリエーションはあったのですが、今回からは39.5mm,43.5mm(クロノグラフは45.5mm)の展開。39.5mmという非常に魅力的なサイズが登場しました。

ムーブメントはCal.8800でコーアクシャル搭載で15,000ガウスの耐磁性能。パワーリザーブは55時間、防水性能も600mでなかなかのハイスペックです。国内定価¥756,000ですが、並行ですと約¥470,000。

ベゼルもセラミック製、デザインもオーソドックスですし、性能も実用的。50万円以下の時計として良い選択肢だと思います。

 

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

【2017年版】今年欲しい夏時計3選。

いよいよ熱くなり、半袖の季節。つまりそれは時計が目立つ季節でもあります。

オーデマピゲ ロイヤルオーク・オフショアクロノ(26470ST.OO.A101CR.01)

写真 2017-05-28 10 45 39

パテックフィリップ ノーチラス・プチコン(5712R)

IMG_5536

僕もこの2本に1本追加して夏を満喫しようと企んでいます。2017年新作から欲しい夏時計3本をPICK UP。

①オーデマピゲ ロイヤルオーク・オフショアダイバー

すでにオフショアクロノを所有してますが、ロイヤルオークのケース加工とデザインは秀逸で、“もう一本欲しい”と思わせるだけの魅力がありますね。特にオフショアはロイヤルオークのデザインを現代的に昇華し、コンサバティブなデザインが多い雲上時計にありながら革新的で若々しいデザインとなっています。ロイヤルオークはオフショアをもってパテックフィリップ・ノーチラスが超えられない、“ジェラルドジェンタの壁”を“超えた”と言っても過言ではない、それだけのマスターピースだと思います。

スクリーンショット 2017-07-04 12.20.56.png

オフショアシリーズの中でもダイバーはバリエーション豊富。42mmとオフショアクロノとケースサイズは同じですが、厚みはダイバーの方があり、より存在感があります。ちなみに黒・白文字盤(上の段左2つ)以外はブティック限定です。新作の“ブルー×イエロー”は夏らしくもありながら派手すぎず、良いですね。定価¥2,160,000

スクリーンショット 2017-07-04 17.06.41.png

②ロレックス デイトナ116518LN

Rolex-2

定番のデイトナですが、こちらはYG無垢。ブレスはラバー(オイスターフレックス)。ベゼルもセラミックになって露出の増える夏に傷がつく心配が少し軽減されています。ステンレスのデイトナですと被る恐れがありますが、コレなら安心ですね。イヤラさも抜群ですが、ブレスまで無垢のモデルよりは着用しやすいと思います。

③ブランパン フィフティファゾムス・ミルスペック

pr

フィフティファゾムスといえば、サブマリーナと双璧をなすダイバーズウォッチの元祖として知られています。今までは45mmとサイズが大きく、敬遠していましたが、今年のモデルは40mmと魅力的で、文字盤のデザインも非常にオーソドックスで良いと思います。1960年代にブランパンがアメリカ海軍のミルスペックを満たすダイバーズウォッチとして制作したモデルからオマージュをうけているとのこと。

▶ロレックスのレビュー記事はコチラ

▶オーデマピゲのレビューはコチラ

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

なんか腕が寂しいので、ロレックスを・・・。

僕のファーストロレックスは214270 エクスプローラーⅠでした。

過去記事→【レビュー】ロレックス エクスプローラー 214270を再考する。

今までのロレックスのレビューはコチラ

最近はデイトナマラソンのためにロレックスブティックを訪れる回数も多いのですが、そのたびにマイナーチェンジした214270を見かけます。

極めてシンプルなプロフェッショナルモデル。

改めて腕に載せてみると、程よいサイズ感がやはり、しっくりときます。

針も長くなって、夜光もインデックスにしっかりと。

存在感は控えめで、ギラついた感じもありません。

登場したばかりにはプレ値で販売されていましたが、現在は落ち着いて、価格コムでもほぼ定価で並行輸入品が売られています。並行価格差が少ないのであれば正規店で購入したいところ。

間違いのないモデルなのでもっと売れても不思議ではないのですが、ここ高知では売れていないようです。

“デイトがない”ことを気にする方が多いようで、たしかにサブマリーナ114060も長いこと鎮座しています。

先日は116600シードゥエラーが数日鎮座していたよう(!!)ですし、高知のロレックス事情はよくわかりませんね(笑)

116610LVが短命に終わっただけに→【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

次のロレックスは買いにくいですが、ロレックスは1本ないと寂しい気がします。

 

並行価格値上がり中!ロレックス サブマリーナデイト116610LN

今年は一時の時計ブームも落ち着いたように感じ、心なしか正規店を除いてもロレックスのスポーツモデル(エクⅡ、ミルガウス以外)も見かけるようになってきました。ここ高知にもロレックスブティックが出店し、僕も足繁く“デイトナマラソン”を続けています。

サブマリーナデイト(116610LN 定価874,800)も去年末までプレミア価格が落ち着いてきていたのですが、なんと!価格コムをみると今年はグイグイ伸びています(普通にこの前も正規店で見かけましたが)。現在は定価の+70,000円ぐらい。今後どうなるかはわかりませんが、夏に向けて需要が上がっているから、ということでしょうか?

プレミアがつくと欲しくなるのが人情というものですね。使い勝手もいいので、迷っている方は正規で見つけたら買いかもしれません。

 

▶サブマリーナのレビュー記事はこちら→ サブマリーナ 116610LV  サブマリーナノンデイト 114060

 

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

僕が腕時計を買う時に大事にしている3つのこと。

“フェラーリ購入宣言”

はTwitterなどでも色々と応援の言葉をいただいて、正直驚いています。

フェラーリという“挑戦”に向けて今一度、僕が腕時計を買う時に大事にしていることをまとめてみます。

①見た目がいいか。

まずはデザイン、ファッションとのマッチング、ムーブメントの審美性などの外観の部分。ここで自分にビビッと来ないと購入の対象にはなりません。

②物語があるか。

分かり辛い表現ですが「メーカーの歴史」「時計の歴史」「ネームバリュー」「レアモデルで高値で取引されている」「ジェラルドジェンタのデザイン」などなど、“物としての完成度”以外の部分も重要だと考えています。

③自分を持ち上げてくれるか。

これは僕にとっては非常に大事で、“その時計を持つことで一つ上の自分になれるか”ということです。「僕はパテックフィリップのノーチラスを自分のお金で買った」というのは揺るぎない事実であり、その後お金に困って売却したとしても、それは変わりません。憧れの時計を購入するという“挑戦”を達成した時点で、買う前の自分を超えることができたんだと思います。僕にとって腕時計は「憧れの自分の分身」であり、結局手元に残っている時計は、ノーチラスやロイヤルオークなど限られています。おそらく自身のコンプレックスを反映しているのでしょう。

▶まとめてみましたが、非常に抽象的ですね。“腕時計好き”と言っても、人それぞれ腕時計に込める想いは異なると思います。僕にとっては自己啓発の意味が強いといえるでしょうか。そう考えると“フェラーリを買う”という行動自体に意味があるように思います。

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

グリーンサブマリーナ116610LVですが、諸事情(というか新しい時計)のため売却を検討していました。僕は地方在住ですので「中野のお店に何店舗も通って査定してもらう」なんてことはできません。今まではネットに見積り価格が書いてあるお店(ジャックロードやGMT)に宅配で送って買い取ってもらっていました。

グリーンサブマリーナに関しても、そういう売却方法を考えていたのですが、どこを見てもおおよそ87万円程度。もう少し高く買い取ってくれるお店はないのかと思い、今回は最近よく見かける時計査定本舗の“腕時計一括査定”に申し込んでみました。(リンクは下記)



使い方はこうです。そのサイトに▶連絡先(メール・携帯番号)▶時計のおおよその状態(付属品の有無、年式など)▶スマホで撮影した腕時計の写真を登録して申し込みます。その後サイトに登録されている買取業者数社に情報が送られ、それぞれからおおよその買取価格の連絡が来ます。

メールで3社から見積もりが届きました。

▶A社

スクリーンショット 2017-06-17 16.20.34

▶B社

スクリーンショット 2017-06-17 16.20.49

▶C社

スクリーンショット 2017-06-17 16.21.09

C社は最大で92万円(!?)。正式にC社に査定をしてもらうことに決め、連絡しました。今はどこの会社も“無料宅配キット”を送ってくれるので、それに時計を梱包し着払いで発送。到着後すぐに連絡が来て、正式な査定金額“91万円”という提示でした。新しいとはいえ、使用していますからね。金額に納得したのでそのままお願いしました。ここで納得しなければ無料で返送してくれます。今までであれば87万円だったのが91万円ですから、人柱になって試してみて正解だったということですね。

遠方で腕時計を買取に出したい場合に“一括査定”は一つの選択肢になりそうです。(リンクは下記)



【HUBLOT】ビッグバン ウニコ購入を考える。

前々から気になっているウブロ。

過去の記事はコチラ

気になる時計、HUBLOTはどう?

今回は自社クロノグラフムーブメントを搭載した、“ビッグバン ウニコ”をチェックしてきました。

このモデルの特徴は、まず自社ムーブ“ウニコ”にあります。

フライバック機能を有し、パワーリザーブは70時間。文字盤側からムーブメントを見ることができるように、あえてクロノグラフの積算輪列を文字盤側に配しています。ムーブメント装飾はありませんが、コーティングが施され、“見せる”ことを意識して設計されているためか、工業製品らしいメカメカしさがカッコイイです。プッシュボタンの押した感じは予想に反してソフトで、文字盤側からクロノグラフ機構が見えるので面白いですね。

ケースも旧来のビッグバンから進化し、プッシュボタンにより簡単にベルト交換が出来るようになっています。デザインも旧来モデルは“ステンレス素材”や“エッジ使い”など、どうしてもロイヤルオークを意識させます。しかし、ビッグバン ウニコではケースからラグに繋がる部分などは滑らかになり、素材はチタン・ゴールド・カーボンを採用し、ステンレスモデルはありません。“フュージョン”というコンセプトをフラグシップモデルでより強調しているように感じます。そのためロイヤルオークオフショアを所有する僕も“欲しい”と思うのかもしれませんね。

特に良かったのが2017年に発表された、“ビッグバン フェラーリ カーボン”500本限定。

スクリーンショット 2017-06-16 19.00.40.png

ケースやプッシュボタンのデザインは通常のビッグバンウニコと違い、独自のもの。サイズは45mmですが、カーボンのケースは軽量で、装着感は良好です。光が入ると、ケースが鈍く黒光りし、カッコイイんですよね。文字盤のデザインも非常に立体感があって、針もカッコイイ。ローターやスモールセコンドはホイールをモチーフにするなど、凝りに凝ってます。ベルトはアルカンターラ。ケース兼ワインダーが付属します。

 

購入に至らなかった理由は3つ。ひとつは細腕の僕には“大きすぎる”こと。いくらなんでも高価なこと。そしてフェラーリを持ってないから。これを買ってしまったらフェラーリも買わないといけない気がしてしまったんですよね。もちろん、これで時計は一休みしてフェラーリ購入を目指す“フェラーリ購入ブログ”となることも少し考えました(笑)

結局は購入に至らなかったですが、やはりウブロは“魅せる”のが巧いですね。

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

 

 

【オリエントスター】ふるさと納税で腕時計をゲット!還元率は86%!?

かなり煽った題名ですが、嘘ではありませんよ。

僕は去年から“ふるさと納税”をはじめており、節税効果を実感しています。

簡単に言えば「所得金額に応じて、寄付できる金額が決まっており、寄附金額の3割程度相当の返礼品が2000円の負担でもらえる。寄附金額は翌年の所得税・住民税から控除される」ということですね。

簡単!4ステップでふるさと納税

しかし最近は返礼品の高額化が問題視され、還元率3割以下、資産価値の有るものや換金性の高いもの等は送付しないようにという内容の総務大臣勧告もでてます。

それでも探せばまだまだ還元率の高い返礼品はあり、今回は腕時計に注目してみました。

▶オリエントは還元率高い。

SEIKOのアストロンなども返礼品としてラインナップされていますが、還元率は高くなく、寄附金額も30万円以上するので、庶民の僕は除外。寄附金額10万円でオリエントスターがもらえる自治体を発見しました。ふるさと納税を扱うポータルサイトはいくつかありますが、僕が探した限りではふるさとチョイスが唯一扱っているようです。

スクリーンショット 2017-06-13 9.18.25.png

秋田県羽後町の返礼品としてオリエントスターがラインナップされています。定価ベースで最も高価なのはWZ0181DKで、定価86,400円。還元率は86%ということになります(ネット実売価格58000円)。

今回ボクがチョイスしたのはWZ0341EL。ブルーのブレゲ針が特徴的なクラシカルなモデルです。納付してから1月半ほどで到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA6111479.jpg

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スクリーンショット 2017-06-11 14.37.21.jpg

ケースサイドのポリッシュに歪みがあったり、仕上げは価格なりと思います。しかし文字盤はギョウシェが施され、クラシカルで印字もはっきりしており、ブルー針も角度によって鮮やかなブルーであったりブラックであったりして、なかなかに良いと思います。保証書にはSEIKO EPSON社の印が押され、2年間の保証が付いています。ケースは12.9mmで厚みを若干感じますね。ちょっとそこが気になりました。ただ、使い勝手は良いと思われるので、仕事用としてどうでしょう。

オリエントスターを欲しかった人にとってはドンピシャな返礼品ですよね。しかし、これから資産価値のある返礼品は無くなっていく方向にあるので、これもいつまで続くかわかりません。

ふるさと納税自体は良い制度なので、僕はこれからも続けようと思います。



▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

A.ランゲ&ゾーネ 1815クロノグラフに黒文字盤登場!!

衝撃です。

昨日、1815クロノグラフに黒文字盤が追加されると発表されました。

ランゲのHPでラインナップを確認すると、黒文字盤とブティック限定の白文字盤の2つだけのようですね。

スクリーンショット 2017-06-09 12.34.39.png

1815クロノに関しては、白文字盤のみのラインナップだったので、購入候補からは外れていましたが、トランスパレントバックから見えるムーブはダトグラフと同じように審美性に優れており、強力なライバルとなりそうです。

スクリーンショット 2017-06-09 12.56.45.png

ダトグラフはPT(¥9,795,600)、RG(¥8,240,400)、1815クロノははWGのみ(¥ 5,864,400)。1815クロノの方が現実的です(笑)

1815クロノグラフはパルスメーターが装備され、30回脈拍を打つのを計測すれば、心拍数/分が分かるようになっていますね。

ちなみに、ランゲのYoutubeチャンネルは結構見応えのある動画が多く、おすすめです。

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定