カミーユフォルネの時計ベルトが高い理由。

ノーチラス(5712R)のアリゲーターベルトはカミーユフォルネ社製で、価格もちょっとした時計が買える値段であることは、前回の記事に書きました。

ノーチラス(5712R)純正アリゲーター、ショートサイズに交換。

どうしてそこまで高価なのか。もちろんコバの仕上げや、吸い付くようにしっとりとしたアリゲーターの質感にはそれだけで納得する理由がありますが、高い金額を出して使用している“物”について調べることも、礼儀(?)のようなものだと思うので、今日はカミーユ・フォルネの革製品が高価な理由を掘り下げていこう、と思います。

▷素材

カミーユ・フォルネジャポンのHPには

“アメリカ・ルイジアナ産のミシシッピ・アリゲーターですが、カミーユ・フォルネでは生後8~9ヶ月の子ワニの腹部の革だけをセレクトし、製品作りを行なっています。”

とあります。“ワニ革”の中でもミシシッピ・アリゲーターというワニの革を使用し、厳選した素材のようですね。高級皮革としてのワニ革は、大きく分けると“クロコダイル”と“アリゲーター”があり。クロコダイルでも特に高級のスモールクロコはイリエワニを指します。アリゲーターは主にアメリカアリゲーターを指すようで、いずれも腹部分は“竹腑”、背と腹の移行部分を“玉腑”と呼びます。ノーチラスのベルトは腹部分の竹腑を使用しています。

▷手作業

ベルト制作には60工程あるそうですが、その全てが職人の手作業によっておこなわれています。そしてステッチにもこだわりが。“クチュールセリエ”といわれる技法によるハンドステッチがおこなわれています。

“「ベルメール」と呼ばれる木製のペンチで皮革は固定され、突きぎりで穴があけられます。糸は革によく馴染むよう天然のビーズワックスでコーティングされています。1本の糸の両端にそれぞれ針をつけて職人が厚い革にステッチをかけていきます。その両手の素早い動きは熟練したセリエだけが成しえる類稀なる技なのです。このサドルステッチの美しさは、一目見ればお分かり頂けるように逸品の証と言えます。このようにサドルステッチは一針一針縫い進められる為、非常に丈夫な時計ベルトが出来上がるのです。サドルステッチはカミーユ・フォルネ社の時計ベルトにおける最高のクラフトマンシップの証と言えるでしょう。”

カミーユ・フォルネのホームページをみるだけでもこれだけの情報が。相当クラフツマンシップに拘りがあり、調べているうちに、高価な理由も納得してきました。

YouTubeで動画を漁っていると、カミーユ・フォルネのベルト制作の動画も見つけました。こういう動画は大好きですね。カミーユ・フォルネは時計ベルトだけでなく財布やバッグも制作しています。エキゾチックレザーの長財布、これ欲しいです。

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

ノーチラス(5712R)純正アリゲーター、ショートサイズに交換。

9月になり朝夕は涼しい季節となりましたね。

5月に5712Rを購入してからは、純正のラバーベルトを使用していました(ノーチラスのラバーベルト、ショートサイズを購入。)が、そろそろ革ベルトの季節となるので交換してきました。

付属してくるベルトはブラウンのアリゲーター、ブラウンのラバーの2本ですが、いずれも“ノーマルサイズ”(他ロング、ショート、スーパーショートの設定がある)のため僕の腕(15.5mm)では一番小さい穴でもゆとりがあり、さらにバックルが6時側に寄るためにフィット感も悪くなります。そこでショートサイズを使用する必要があり、今回は純正のアリゲーターのショートサイズをオーダー。PPジャパンに在庫があれば数日で納品されます。

お願いしたのはビジュピコ名古屋本店

購入したのは徳島のビジュピコですが、ちょうど名古屋に行く用事があったので事前にお願いし、快く引き受けていただきました。

価格は¥61,000、ショートとロングは“スペシャルオーダー”のため¥8,000プラスで¥69,000+税で¥74,520。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

確かパテック・フィリップのベルトはカミーユ・フォルネ社製だったと記憶していますが、同社のアリゲーターベルトが¥40,000程度ということを考えれば(特殊なラグの形状もあるでしょうが)高いなぁ・・・・というのが正直な所。

それでもショートのフィット感は抜群で、やはりローズゴールドにはブラウンのアリゲーターがよく似合います。

詳しくサイズをみてみましょう。(写真はラバーですが同サイズ)

e58699e79c9f-2017-09-04-21-53-55.jpg

▶ノーマル:6時側−11.5cm 12時側−7.5cm

▶ショート:6時側−10.5cm 12時側−6.5cm

それぞれ1㎝ずつ短くなっています。

 

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

【2017.5版】ノーチラス現行モデルを整理。

パテックフィリップのノーチラスの現行モデルにもバリエーションが色々あるので、定価も含めて整理しておきます。(定価(税込)は2016.11.1〜)サイズは4−10時で計測。

センターセコンド、カレンダーの3針モデル。RG無垢は2015年に追加されました。ケースサイズ40mm、ケース厚8.3mm。

スクリーンショット 2017-05-17 12.34.35

パワーリザーブ、ムーンフェイズ、カレンダー、スモールセコンドのプチコンプリケーション 2006年、ノーチラス30周年に追加。ケースサイズ40mm、ケース厚8.52mm。

スクリーンショット 2017-05-17 12.34.41

年次カレンダー SSモデルしかありません。ケースサイズ40.5mm、ケース厚11.3mm。

スクリーンショット 2017-05-17 12.34.47

クロノグラフ(SSモデルはトラベルタイム・クロノグラフ)ケースサイズ40.5mm、ケース厚12.2mm。(ケースサイズ40.5mm、ケース厚12.53mm)

スクリーンショット 2017-05-17 12.35.01

ダイヤモデル

スクリーンショット 2017-05-17 12.35.09

レディースモデルのSS ケースサイズ35.2mm、ケース厚8.62mm。

スクリーンショット 2017-05-16 23.18.35
7118/1A-001¥2,926,800

ノーチラスのラバーベルト、ショートサイズを購入。

e58699e79c9f-2017-05-14-13-27-01.jpg

かねてよりの勘案だった、ノーチラスのベルト問題。標準はノーマルサイズのブラウンのラバーなのですが、一番小さい穴にしても、やや緩め(手首周15.5㎝)。そしてバックルが六時側に偏るため、装着感もあまり良くありませんでした。そこで、ショートサイズのラバーベルトをオーダー。

今回は同じブラウンではなく、5712G(WGのモデル)で採用されているブラックのベルトにしてみました。

ノーマルサイズ:7.6mm(12時側)、11.4mm(6時側)

ショートサイズ:6.7mm(12時側)、10.7mm(6時側) ※実測なので誤差はあります。

約1㎝程度ずつ(12時側の方がより)短くなっているようです。サイズは2番めに小さい穴で、ジャストサイズ。僕は手首の小指側の出っ張り(尺骨茎状突起)が結構あるので、ノーチラスに関しては、それより体側で装着するようにしています。価格は¥28,080と、意外と良心的。

e58699e79c9f-2017-05-14-16-20-57.jpg
バックルの位置も、ほぼセンター

e58699e79c9f-2017-05-14-11-35-11.jpg

 

ブラックといっても、真っ黒というよりはダークグレーで、ステッチはダークグレーですね。ピンクゴールドとブラックの組み合わせは定番ですが、ブラウンと比べてより“いやらしい”雰囲気になり、スポーティーさも増しました。カジュアルにはコチラのほうが合わせやすいのではないか、と思います。

【ノーチラスVSロイヤルオーク】デザインと素材の組み合わせを考える。

ノーチラス、ロイヤルオークともにジェラルド・ジェンタによるデザインです(オフショアはジェンタではないが)。八角形のベゼルをもち、サテンとポリッシュを複雑に組み合わせているという点においては共通しています。

しかし、ロイヤルオークはエッジを立たせ、直線的でシャープなイメージをもたせる(しかし実際にはケースサイドやラグなどは美しい曲線を描いていて、このデザインも秀逸)のに対して、ノーチラスは曲線的で柔らかなイメージをもちます。ロイヤルオークが男性的、ノーチラスが女性的と言ってもいいかもしれません。

この“ジェンタ的デザイン”の処女作がロイヤルオークなわけですが、そこには勢いが感じられ、若々しい男性のイメージがありますが、ノーチラスではそのデザインを熟成させて、落ち着いた女性のイメージを僕は感じます。

そのため、男性的なロイヤルオークに関してはステンレス、WG、セラミックなどは似合うと思いますが、RGやYGなどの“柔らかい”色味をもつ素材はあまり似合わないのではないか、と感じられるのですね。

スクリーンショット 2017-05-13 18.47.02.png

逆にノーチラスはステンレスが定番ではありますが、YGやRGなどのモデルは非常にエレガントで色気があるように感じられます。そんなこともあり、僕はRGのノーチラスの惹かれたのかもしれませんね。

写真 2017-05-13 18 22 01.jpg

【レビュー】パテックフィリップ ノーチラス 5712R-001【Part.2】

Part.1はコチラ

ムーブメントは“240 PS IRM C LU”

(PS:スモールセコンド、IRM:パワーリザーブ、C:カレンダー、LU:ムーンフェイズ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベースとなるのは1977年に登場し、名機と呼ばれる“Cal.240” 22金の偏心マイクロローターを装備し、厚さ2.53mmの超薄型ムーブです。それにコンプリケーションモジュールを追加しています(厚さ:3.98mm)。“パテックフィリップシール”に準拠し、日差−3〜+2秒の精度を獲得しているそうです(実際に僕は計測してはいない)。ハック機能がないため、正確な時刻合わせは難しいですが、リューズの操作性や時刻合わせに、繊細過ぎる印象はありません。ケースの8時側にカレンダー送り、4時側にムーンフェイズ送りのボタンが、それぞれ設けられています。“押しピン”が付属しますが(PG製でWGモデルはWG製)、これでは傷がつくとのこと(正規店スタッフ談)なので爪楊枝を使用するのが良いようです。

写真 2017-05-11 22 47 32.jpg

ムーブメントの仕上げにもパテックフィリップシールの基準があり、丁寧な面取りやペルラージュ、コート・ド・ジュネーブなどが施されています。3ピース構造のノーチラスから導入されたプチコンですが、その理由は2ピース構造では“リューズの巻き芯を文字盤から外せる”ものに限られていたため、とのこと。(クロノス日本版:アイコニックピースの肖像より)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リューズにはカラトラバ十字。前回も書きましたが、やはりこのケースサイドの仕上げは秀逸です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベルトはブラウンのアリゲーターとラバー素材(コンポジット)。バックルはカラトラバ十字ではなく、“NAUTILUS”と刻まれています。ベルト穴は一番小さところで、やや緩め。ショートサイズのベルト設定もあるようなので、今後検討したいですね。

 

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

【レビュー】パテックフィリップ ノーチラス 5712R-001【Part.1】

パテックフィリップ ノーチラスは1972年、ジェラルド・ジェンタによりデザインされた、オーデマピゲ ロイヤルオークの登場から4年後の1976年、ジェラルド・ジェンタにより生み出されました。

ロイヤルオークとノーチラスは、現代のラグジュアリースポーツ(薄くてエレガントでありながら、実用性もある時計)の正に“先駆け”であり、現代でも両モデルはラグジュアリースポーツのトップモデルであり続けています。

ジェンタはできるだけ時計を薄くするために、通常のベゼル+ケース+裏蓋の3ピース構造ではなく、ロイヤルオークにおいては8角形のベゼルとケースの間にパッキンを置き、それをホワイトゴールドのビスにより固定する、2ピース構造をとりました。これにより50m防水を獲得します。その後継にあたるノーチラスにおいても2ピース構造をとりますが、ケースとベゼルの“耳”を合わせ、それをビスで固定する方式にて120m防水というロイヤルオークを超える防水性を獲得します。

時を経て、ロイヤルオークに関して言えば、モデルチェンジを繰り返し、また派生モデルである“革新的”なロイヤルオーク オフショアも誕生しました。ノーチラスも2006年に現行モデルにモデルチェンジし、構造は3ピースとなり、スケルトンバックとなります。僕の購入した5712Rは2006に登場した、“プチコンプリケーション”のローズゴールドモデルです。2005年までノーチラスは3針以外のバリエーションはありませんでしたが、初めてのバリエーションモデルがこのプチコンです。

プチコン5712系と3針5711系の主な違いを挙げてみましょう。

e382b9e383a9e382a4e383891.jpg

プチコンのみ60m防水なのは、裏蓋がねじ込み式ではなく、圧入式のため。これはコンプリケーションモジュールを組み込んでも、なるだけ厚みを抑えるため、とされていますね。ちなみにロイヤルオークエクストラシン15202STは8.1mmです。

さて、前置きはこの位にしておいて、実機をみていきましょう。

img_5330.jpg

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

八角形のベゼル、“耳”が外観としては特徴的です。サテンとポリッシュを組み合わせる手法はロイヤルオークと似ていますが、ロイヤルオークはエッジが“立っている”ことで直線的なキレのあるデザインですが、こちらは曲線が多いデザインで、女性的な色気を感じます。素材もRGで、よりそれが強調されますね。仕上げはもちろん素晴らしく、特にケースサイドの面取りや曲線のデザインは、思わず見とれてしまいます。8.52mmの薄さは、金無垢でありながら136gと比較的軽量で、装着感の良さにも寄与しています。

e58699e79c9f-2017-05-07-17-24-43.jpg

img_5278.jpg

img_5378.jpg

エンボス加工の文字盤には、見る角度によってブラウンにもグレーにもみえる放射状の塗装がなされており、非常に美しいです(ステンレス、WG、RGでそれぞれ文字盤の色が異なる)。この文字盤はフュメダイアル(fumeは煙の意味)と言うようで、H.モーザーが有名ですね。パテックフィリップとH.モーザーの文字盤サプライヤーは、同じフルッキガー社であるので、同じ塗装技術が使われているのでしょう。

スクリーンショット 2017-05-09 17.30.03.png
H.モーザーのフュメダイアル

そして“PATEK PHILIPPE GENEVE”とシンプルな植字。植字も厚みは無いのに、非常に“くっきり”見えます。10時側にはパワーインジケーター、8時側にはムーンフェイズとデイト表示、4時側にはスモールセコンドが配されています。バーインデックスのエッジも立っていて、針と同様に夜光が乗っています。写真では伝え切れないですが、文字盤の美しさは、今まで経験してきた時計の中で一番と言い切れます。サファイアガラスと文字盤の距離が近いから(?)でしょうか、無反射コーティングがされていないにも関わらず、映り込みが少なく、視認性は抜群です。

続きはPart.2にて。

 

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

ノーチラス(5712R)のラバーベルトを考える。

ほぼGWはノーチラスを使用し、少しずつ慣れてきた(?)ところです。

純正で付属するベルトはブラウンのクロコとラバー(のような素材)の2本。初夏の陽気になり、購入時にはラバーのような素材のベルトに交換しています。ただ、このベルトはよくあるラバーベルトのような“1枚”ではなく、異なるオモテ素材とウラ素材を、縫い合わせています。そのような仕上げなので、ひと目ではレザーでないかと思うほど。人工的な素材ですがチープな感じはありません。

写真 2017-05-08 13 16 11
色はブラウン

これはこれで良いと思いますが、汗を多くかく盛夏では、耐久性に不安も。そこで色々とラバーベルトを探しているのですが、既製品となるとRubber Bくらいしか見当たりません。しかも海外仕様のベルトなので、おそらく“長過ぎる”と思います(長すぎるとバックルが6時側に寄るためにフィット感が悪化する)。

Patek 5712 RG - CG

となるとオーダーとなりますが、ベルトとケースのフィット部分は独自の形をしており、またベルト側にも金属が入っているため、純正ベルトを1本犠牲にしないといけなくなります。

c0155076_18564417

ちなみに純正のベルトでも穴は一番小さいところ。“ショートサイズ”の設定もあるようなので、今後購入を検討したいですね。ひとまずは現在のベルトの耐久性をみるためにも今年の夏はこれで過ごしてみようと思います。

 

 

 

パテックフィリップ ノーチラス購入。購入までの経緯を振り返る。

さて、既にSNSでは購入報告していますが、パテックフィリップ ノーチラス 5712R-001 を購入。レビュー記事は、しばらく使用してみて、じっくり書きたいと思います。夢の正規購入となったわけですが、今回はノーチラス購入までの経緯を整理したいと思います。

僕の時計歴はまだ浅く、4年半ほどですが、今までで一番長く使用した時計はロレックスのプロフェッショナルモデル(6桁のサブノンデイト・エクⅡ・エクⅠ・GMT黒・デイトナ)で合計2年半ほど。取っ替え引っ替えで使用しても、差損が少なく、その点では良かったですね。途中でヴァシュロン オーバーシーズ、ブライトリング クロノマットが短期間入りますが、長続きせず(ヴァシュロンに関しては以前の記事でも、その思いを綴りました)。その次にパネライ。“存在感”、“気楽さ”は非常に魅力的でしたが、ロイヤルオークオフショアを購入してから、“カジュアル”、“デカ厚”の地位を奪われることとなります。ただ、オフショアはケースも厚いため、ほぼカジュアルでの仕様に限られます。“お気楽時計”のパネライ、“カジュアル時計”のオフショア。

次に僕が所望したのは、“大きすぎず、薄くてラグジュアリーでありながらも、カジュアルでも使える存在感のある時計”。つまりはラグジュアリースポーツウォッチ。そのため、ロイヤルオークの購入を検討したり、ブレゲ マリーンやウブロ クラシック・フュージョンの購入を検討したりしていましたね。

HUBLOT×Berluti クラシック・フュージョン オールブラックを見てきた。

ラグジュアリースポーツウォッチ購入を考える。

検討の過程で、素材に関して、スチールではオフショアと被るというのと、大きすぎず薄くても存在感があるためには、金無垢である方がいいのでは、そして色黒の肌に合う、RGがいいのでは、との考えに至ります。

パテックフィリップに関しては、今まで縁がなく、ステンレス3針のノーチラス 5711を3年前に予約し、去年購入のチャンスが来たのですが、資金も工面できず、時計熱も下火だったため見送っています。価格が高い事を除けば、ラグジュアリースポーツを考える時に、ノーチラスとアクアノートを外して考えることは出来ず、パテックフィリップも検討することとしました。

今回実際に見たスチールモデルはノーチラス 35mm 7118/1A-001のみ。レディースとのことですが、細腕の日本男性には受けそうなモデル。ただ、文字盤デザインはやはりレディースウォッチを思わせますし、サイズも僕には“小さすぎる”と感じました。価格も¥2,926,800と、SS3針にしては恐ろしいほど。(ちなみにSSの5711/1A-010も同価格)

e58699e79c9f-2017-05-04-11-54-17.jpg

そしてアクアノート 5167R-001。注目すべきは、ラバーベルトもRGに合わせてブラウンなんですね。価格は¥4,190,400。 ただ、やはりノーチラスの方がアイコンとしては強いと感じたために見送り。

e58699e79c9f-2017-05-04-11-54-30.jpg

ノーチラス5712R-001。価格は¥5,130,000。ちなみに5712/1は¥3,920,400

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いわゆる“プチコン”で、ムーンフェイズ、パワーリザーブ、スモールセコンドのモデル。ブラウンのクロコベルトとブラウンのラバーベルトも付属しており、まさに希望通りの仕様。サイズも大きすぎず、薄く、腕に馴染みます。ノーチラスが目の前にあり、購入可能である状態であれば、決断に時間はかかりませんでした。

ちなみに、ノーチラスやアクアノートのスチールモデルは他ブランドに比べて価格が高いことをよく指摘されますが、金無垢モデルに関して言えば、実はAPと比べてもそこまで変わりません。(ちなみにノーチラス5711のRGモデルは¥6,004,800でロイヤルオーク エクストラシンのRGモデルは¥5,940,000)

それにしても非常に高価であり、初の金無垢モデルのため、“使いこなせるか”が心配ではありますね。また、RGの色味がなかなか写真では伝わりづらく、色々ショットを試してみて、またupしたいと思います。

 

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定