【HUBLOT】ビッグバン ウニコ購入を考える。

前々から気になっているウブロ。

過去の記事はコチラ

気になる時計、HUBLOTはどう?

今回は自社クロノグラフムーブメントを搭載した、“ビッグバン ウニコ”をチェックしてきました。

このモデルの特徴は、まず自社ムーブ“ウニコ”にあります。

フライバック機能を有し、パワーリザーブは70時間。文字盤側からムーブメントを見ることができるように、あえてクロノグラフの積算輪列を文字盤側に配しています。ムーブメント装飾はありませんが、コーティングが施され、“見せる”ことを意識して設計されているためか、工業製品らしいメカメカしさがカッコイイです。プッシュボタンの押した感じは予想に反してソフトで、文字盤側からクロノグラフ機構が見えるので面白いですね。

ケースも旧来のビッグバンから進化し、プッシュボタンにより簡単にベルト交換が出来るようになっています。デザインも旧来モデルは“ステンレス素材”や“エッジ使い”など、どうしてもロイヤルオークを意識させます。しかし、ビッグバン ウニコではケースからラグに繋がる部分などは滑らかになり、素材はチタン・ゴールド・カーボンを採用し、ステンレスモデルはありません。“フュージョン”というコンセプトをフラグシップモデルでより強調しているように感じます。そのためロイヤルオークオフショアを所有する僕も“欲しい”と思うのかもしれませんね。

特に良かったのが2017年に発表された、“ビッグバン フェラーリ カーボン”500本限定。

スクリーンショット 2017-06-16 19.00.40.png

ケースやプッシュボタンのデザインは通常のビッグバンウニコと違い、独自のもの。サイズは45mmですが、カーボンのケースは軽量で、装着感は良好です。光が入ると、ケースが鈍く黒光りし、カッコイイんですよね。文字盤のデザインも非常に立体感があって、針もカッコイイ。ローターやスモールセコンドはホイールをモチーフにするなど、凝りに凝ってます。ベルトはアルカンターラ。ケース兼ワインダーが付属します。

 

購入に至らなかった理由は3つ。ひとつは細腕の僕には“大きすぎる”こと。いくらなんでも高価なこと。そしてフェラーリを持ってないから。これを買ってしまったらフェラーリも買わないといけない気がしてしまったんですよね。もちろん、これで時計は一休みしてフェラーリ購入を目指す“フェラーリ購入ブログ”となることも少し考えました(笑)

結局は購入に至らなかったですが、やはりウブロは“魅せる”のが巧いですね。

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

 

 

HUBLOT×Berluti クラシック・フュージョン オールブラックを見てきた。

ベルルッティといえば、べネチアレザーを使用した靴やバッグ、革小物で有名なブランドで、スクリット柄は一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

ウブロもベルルッティも同じLVMHの傘下にあり、2016年からコラボレーションした時計を発表しています。ベルルッティは所有したことはないのですが、非常に色気のある製品が多く興味がありました。今回チェックしてきたのは、オールブラックのクラシック・フュージョン。

写真 2017-04-29 13 38 05

ケースとベゼルはブラックセラミック製。ケースはポリッシュ、ベゼルはサテン仕上げとなっています。45mmという割には、オールブラックのため、そこまで大きさを感じませんが、ラグが長く腕の上で“浮いている”感じになってしまいます。ダイアルはレザーで、インデックスやロゴはエンボス加工。ベルトはブラックのレザーでスクリットはなく、シンプルな仕上がり。裏からサイドまではラバーで覆われており、多少の汗であれば安心できる作り。ちなみに、このストラップの価格は約55000円で、意外と良心的な価格。時計所有者しか購入できないようになっており、価格が控えめなのは、ウブロのカーフベルトの値段がそのまま適応されているから、とのことです。針は(素材を聞き忘れた)夜光はなく、ポリッシュされたブラックハンド。この針は少しいまいちで、シャープさが足りず、のっぺりとした印象をうけますね。DバックルはスチールのDLC加工を施したもの(ここはチタンにしてほしかった)。名前の通り、オールブラックに統一されていますが、ポリッシュ、サテン、レザーの表情など、素材や仕上げの違いからコントラストが美しく、非常に色気のある時計に仕上がっています。

写真 2017-04-29 19 37 38

写真 2017-04-29 19 37 07

レザーのダイアルが日焼けでどのような表情に変わるか、非常に気になり、所有者でないと味わえない、というところに非常に惹かれます。

4204a004f9e243f5d1903d958bdc4867.jpg

圧巻は付属品。箱も全て、ブラックレザーで制作されており、専用の時計ケース、メンテナンスグッズも付属。これにも相当なコストがかかっていると考えられますね。

世界限定500本で、価格は¥1,674,000。ケースとベゼルが同じ、クラシック・フュージョン ブラックマジック セラミック45mmの価格が¥1,080,000ですから、まずまず納得できる価格でしょうか。

危うく、購入しそうになったのですが、気になったのは第一に機械の(見た目の)仕上がり。裏スケとなっていて、ムーブメントを拝めるのですが、ローターも含め、仕上げの余りの素っ気なさが気になりました。

HU591_5fd281775ec242c894cf49befe4de031.JPG

ただ、ウブロに期待されているのは、機械の仕上げや精度などではなく、“直接目に触れる所”だと思うので、悪いことだとは思いません。ただ、裏スケはやめて、裏蓋を装着したほうが良いと思いますね。

この時計もパット見の美しさはあり、魅力的と思いますが、針も含めた細部の仕上げには“こだわり”が感じられません。「神は細部に宿る」とも言い、雲上を始めとしたブランドの腕時計に感じる“美しさ”とは別物であると感じました。